AGAによる薄毛にはビタミンEのサプリメント成分が有効

ビタミン系サプリメント

AGAによる薄毛にはビタミンEのサプリメント成分が有効

AGA(男性型脱毛症)は成人男性に見られる、額の生え際・頭頂部といった所から髪が薄くなっていく脱毛現象のことをいいます。
一般的には遺伝や男性ホルモンの影響が原因とされています。

髪の毛が薄くなるとやはり自分に自信が持てないなど、見た目だけでなく気持ち的にも様々な影響を及ぼしてしまうものです。

AGA予防対策として、ビタミンを摂取することが良いと言われています。
髪に良いと言われている成分がビタミンには含まれており、果物などで摂取することも大切ですが、本当に必要な成分を摂取するにはサプリメントが有効的といえるでしょう。

髪に必要な成分が多く含まれいる一つが「ビタミンE」です。
ビタミンEは「若返りのビタミン」と言われており、血管を綺麗にしてくれる役割があります。
それにより血管の保護や血行促進作用が出るため、髪や頭皮の衰えを防いでくれます。
血行が良くなることで、血液が細胞にしっかりと栄養を届けることもでき、栄養が届けられることで、薄毛予防にも繋がるということになります。
それだけでなく、頭皮細胞を壊してしまう過酸化脂質の生成も抑えてくれるます。

ビタミンEは主に青魚や魚の卵、ごまや植物油に含まれており、なかなか気軽に普段の食事から摂取するにはむずかしいため、サプリメントを利用して摂取できると髪のためにも良いでしょう。

サプリメントであれば、いつでもどこでも気軽に摂取することができます。
しかし過剰摂取は胃の不快感や頭痛といったものも引き起こしてしまいがちなため、摂取量はきちんと守り摂りすぎないようにする注意は必要です。